肝炎は血液感染する病気ですが、自覚症状がないままに進行するという特徴があります。

肝臓は沈黙の臓器とも言われているので自覚症状がなく、発見されれば悪化していることもあります。

C型肝炎とは

この肝炎はC型肝炎ウイルスというウイルスが感染したことによって起きる肝臓での病気です。肝臓はどのような働きをしているのか知っていますか?お酒を飲む人は肝臓を弱くするというイメージがあることから、肝臓はアルコールの分解と関係している臓器なのだということだけはわかっている人も多いかもしれませんが、実際は体に必要とするタンパク質、栄養分を作ったり貯蔵する、不要になった老廃物、薬の毒素を解毒する働きがありますので、とても大事な臓器です。そしてこのC型肝炎ウイルスに感染してしまうと7割の人が持続感染者になりますので、その後慢性肝炎となり、肝硬変となり、肝癌へと進みます。

自覚症状がないから放置で過ごしている日々

現在の日本では100万人から125万人以上の人が感染していると言われています。しかしこれは感染していることがわかっている人の人数であり、知らないあいだに感染しているのにも関わらず、自覚症状がないためにそのまま放置している人もいるといってもいいでしょう。ですから実際にはこうした潜在的に感染している人も含めてさらに多い員数がいるのではないかと考えられています。慢性肝炎、肝硬変や肝臓がんに罹患している人の75パーセントはC型肝炎ウイルスに感染している人たちで、その中で1年間に3万人以上は肝癌で死亡していることが分かっています。

肝臓は沈黙の臓器であることをお忘れなく

肝臓は沈黙の臓器という別名があるほどですから、かなり静かに感染後も病状が進行するといってもいいでしょう。肝炎になったところで今すぐに何か起きるということはないのです。自覚症状はほとんどの人がありませんから、気がつかない間に20年あら30年くらいの長期スパンで肝癌ヘ進行する恐れがあります。進む速さは個人によっても違いがあるのですが、60歳以上になると肝癌が発病する可能性は高まります。治療するにしてもだんだん病気が進んでしまうとそれだけで治療が困難になりますので、感染しているのかどうか早めに調べた上で治療を早く受けたほうがいいでしょう。

感染経路を探し出し医療機関で適切な処置を

この肝炎は例えるとエイズと同じ感染経路です。感染者の血液から感染を起こすことになります。ですが大半の人は原因がわからないままかかっているケースが多いでしょう。これまでに輸血をしたとか、血液製剤を投与したことがある、臓器移植をしたことがある、消毒をしていない器具を使って歯科治療や医療行為をしたことによって起きることもありますし、民間療法を受けたことで感染する可能性もあります。刺青を入れる際の施術で、ピアスの穴を開けるときに、麻薬や覚せい剤を回しうちしたことが原因で起きることもあるでしょう。また性行為による感染、歯ブラシの共有でも感染する可能性はありますので血液による感染だと思っておいてもいいでしょう。普段から他人の血液に触ることがない人は心当たりがないかもしれないのですが、先ほど言ったように医療機関で消毒が十分にされていない器具などを使っても感染することはありますので、何が原因で起きているのかはわからないことのほうが多いでしょう。
怖い病気だと考えられているかもしれませんが、肝炎は適切な治療を早めに受ければまだ肝臓がんになるまでには時間がありますので、検査と予防が重要です。早めに検査へ行って適切な治療を受けましょう。