C型肝炎にかからないためにも、感染経路は確認しておきたいですね。

感染経路を知っておくことで予防にもつながります。

血液を介して感染するC型肝炎

エイズなどと同じでこの病気は血液を介して感染します。ですから、同じ食器を使ったり、同じ空気を吸っている、その人が使ったタオルで手を拭いても感染することはないのです。しかしもし感染している人に傷があって、そして自分にも傷があった場合には傷を介して感染する恐れもありますのでその点は十分に注意して接したほうがいいのかもしれません。基本的にはお箸やスプーン、歯ブラシなど口に入れるモノで口の中の出血がわかりにくいものに関しては使わないほうがいでしょう。

C型肝炎の主な感染経路

この肝炎の主な感染経路についてですが、覚せい剤などを打つ際に注射器を使いまわすことで感染することがあります。そして刺青を彫る、ピアスに穴を開ける際に、十分に消毒がされていない器具を使ってこれらの行為をした場合にも感染する可能性があります。妊娠中のお母さんが肝炎にかかっていた場合には、胎児にも感染しますので母子感染も覚えておくといいでしょう。そして感染確率は低いと言われているのですが性行為による感染もあります。

C型肝炎のワクチンはない

現在のところ感染を予防するためのワクチンはありません。感染を予防するためにはほかの人の血液に触らないことが重要です。今日本国内で使用されている輸血の血液、血液製剤などは検査を徹底して行っているので、それらから感染することはほとんどないのですが、1992年以前に輸血を行った人、1994年以前にフィブリノゲン製剤を使った人、1988年以前に血液凝固因子製剤を使った人はウイルスの検査がまだ徹底されていない時期でしたので、これらを行った可能性がある人は感染しているかもしれませんので、一度検査に行って調べてもらったほうがいいかもしれません。

今症状が出ていなかったとしても、これから出る可能性はありますし、また既に肝臓に影響が出始めているかもしれないという人もいますので十分に注意が必要です。肝臓は代償機能に優れているので少々何か機能が働かなかった場合でも働いてくれるので自覚症状が現れないことの方が多いのです。

どこで感染したのか分かる人よりも、わからない人の方が多い病気ですので、自覚症状もなく、気がついたときには他人に感染させている恐れもありますし、肝炎が進行していることもあるので注意が必要な病気なのです。